ペット保険比較ナビ TOP > プランによって「保証内容」はどう違う?



プランによって「保証内容」はどう違う?

プランによって「保証内容」はどう違う?

各ペット保険会社が提供するペット保険は、当然ながら加入する保険商品によって「補償内容」やサービス内容が異なります。

一般的な補償内容としては、診断・通院費、手術費、入院費といった動物病院での治療費を補償するもので、その治療費の一定額(50%、70%、100%)が保険金を請求した後に戻ってくる仕組みとなっています。例外として、アニコムの「どうぶつ健保ふぁみりぃ」とアイペットのペット保険「うちの子」の場合、対応動物病院であれば保険給付金の窓口精算が可能です。その場で治療費の一定額が減額されます。

この他にも、ガンと診断されたときのガン補償や、ペットが亡くなり火葬や埋葬、仏具を購入する際に葬祭保険金がおりる補償プラン、ペットが事故等で歩けなくなった際のペット用車椅子補償、飼い犬のかみつきなどへの賠償補償プランのある保険商品もあります。また、高度後遺障害保険金や診断書費用保険金などを補償してくれる保険商品もあります。

ペット保険の「補償内容(サービス内容)」は保険商品を選ぶうえで重要な判断材料になりますので、大切なペットのためにもよくお考えになってペット保険をお選びください。



ペット保険一覧

アイペット
ペット保険「うちの子」
アイペット ペット保険「うちの子」

ペットメディカルサポート
ペット保険「PS保険」
ペットメディカルサポート ペット保険「PS保険」

日本アニマル倶楽部
「Theペット保険PRISM(プリズム)」
アイペット ペット保険「うちの子」

アニコム損害保険
ペット保険「どうぶつ健保ふぁみりぃ」
アニコム損保 ペット保険「どうぶつ健保ふぁみりぃ」

アクサダイレクト
「アクサ・ペット保険」
アクサダイレクト 「アクサ・ペット保険」

予備
予備
item name